スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾向と対策



 以前、書いたにわとりの卵は低空飛行のままです。
 
 先週には1日の卵の数が過去最低を記録しました。

 対策を考えなければなりませんが、まず何で減ったかを考えました。
 まあ、1番の原因は寒さでしょうねぇ、なんといっても寒いんです。鶏も寒さには弱く、
寒い日などは小屋から出ようとせず中で寄り添っています。
 2番目は鶏の老齢化です。しあわせ牧場の鶏はいわゆる寄せ集め集団なので、普通の養鶏屋さんの鶏よりも高齢になります。おおよそ2歳を超えると毎日産卵しなくなるらしいのですが、しあわせ牧場の鶏はほぼ全員が2歳以上です。
 3番目は日照時間の減少です。とにかく日が短くなっていて、夕方4時にはもう薄暗いです。
よって鶏も4時前に小屋に帰って寝る準備です。養鶏屋さんによっては電灯をつけ日を人工的に長くする人もいるそうです。

 というわけで撮った対策は、ビニールなどを張り防寒してみました。更に餌を工夫し、にんにくや唐辛子を混ぜ体を温めるようにしました。はこべなどの緑餌を投げ込みました(こういう緑の餌って体が温まるらしいんです)。いつも閉めていた窓を開けて日が入りやすくしました。

 さて、どうなるでしょうか?

こういう対策が当った時って本当に気持ちいいんですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ppshiawase

Author:ppshiawase
岩手県宮古市 しあわせ牧場  自然放牧農場の日々

最新記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。