スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

搾乳機



これはしあわせ牧場で搾乳に使っているミルカー(搾乳機)です。

 バケットミルカーというものですが、ミルカーの中ではかなり初期のもので、見ての通り
搾乳した牛乳が桶のようなもの(バケット)に溜まるという原始的なものです。
現在では搾った牛乳がパイプを通じてバルククーラーに溜まるパイプライン式の物が一般的です。

 このバケットミルカーのデメリットは、重いっていうことです。

これに牛乳が溜まったときの重さはかなりのものがあります。これを1頭1頭搾乳後にバルククー
ラーまで持っていく作業が結構大変です。
 これを何十頭も何百頭も続けたら腰痛になってしまうでしょう。
よって、このバケットミルカーは廃れていってしまい、今では病気の牛を搾乳したりと特別な用途
のみで使われているのがほとんどです。

 メリットはというとあくまで私見ですが、バケットからバルククーラーに牛乳を移す時に牛乳の
香りがします。これが以前にも書いた季節での牛乳の変化が香りでわかる。あと牛の体調なども、
なんとなくですがわかるようになります。

 きれいごとはこんな感じで、まっ、あと大事なのは安いってことなんですけどね、バケットは1
台10万円前後ですし、今ではほとんど使われていない過去の遺産的存在なので、古くからの酪農
家さんや辞められた酪農家さんを訪ねるとほぼただ同然に手に入ります。
 あとは真空ポンプと調圧器だけなのでうまくいけば2,30万で搾乳が出来るようになります。

 パイプライン式が最低でも何百万かかるのに比べると、お手軽です。
更に原始的機器なので、お手入れや修理もシンプルで部品さえあればほぼ自分で直せます。

 そんな訳で、小頭数のしあわせ乳業提携農家は総ての農家がバケットミルカーです。

 慣れてしまえばたいした苦にもならず、リーズナブルで結構気に入ってます。

 来週には、ゴム類を新品と交換してやろうかなぁと考えてます。

 まだまだしあわせ牧場のバケットミルカーは現役で働いてくれそうです。

  


 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ppshiawase

Author:ppshiawase
岩手県宮古市 しあわせ牧場  自然放牧農場の日々

最新記事
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。