スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒白



搾乳場から丘を一つ越えたところに牧草ロールを置いておいたので、
牛達は日中その近辺で過ごしていました。

そろそろ搾乳の準備しようかなぁと思いその丘から牧草ロールを置いたところを
覗くと、数頭の牛がまったりロールの周りでくつろいでいます。

その丘から反対側の搾乳場のほうを覗くと、

CIMG1338_convert_20091223231659.jpg

 何頭かの牛が搾乳を心待ちにしています。

この2つの写真を見て、ふと気付きました。
搾乳場で待っている牛は黒っぽい牛が多く、のんきにロールのそばにいるのは、
白っぽい牛が多いって言うことです。

 黒っぽい牛はせっかちで、白っぽい牛はのんびりしているのでしょうか?
それとも黒白でグループを作ったのでしょうか?

 アメリカの南部の暑いところの酪農家さんは白い牛を好むって言います。
それは、白い牛は日光を反射するので暑さに強いかららしいのですが、
 その理論から行くと黒い牛は寒さに強いので活発に行動できるのかも?

などと考えてしまいました。

 おそらく、偶然でしょうけど・・・。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんとですね〜(^w^)
血統が近いのでしょうかね?
だから、一緒に居やすいのかしら?
心が綺麗だから、気付くのでしょうね〜。
一頭があつ〜い眼差しで見つめてますよ〜

Re: No title

搾乳前にロールをどれだけ食べているか丘の上から見に行って、
振り返ったら黒い集団だったのでびっくりしました。
 この搾乳の前の時間だけは、私の動きに牛達も注目しているんですよ。
搾乳が終わると関心は一気に薄れ、”じゃあまたね”ってかんじであっさりと
去っていくんですけどねえ。

No title

あつ〜い眼差しは、搾乳の前だけなんですか?
牛さんの1日を観察してみたくなりましたね。

Re: No title

 お互いが気になるのはそれぞれ何かして欲しいときだけで、
それ以外の時間は、牛も人もあまりお互いに立ち入らないようにしています。
 それが、自然放牧の良さでもあると思っているんです。
プロフィール

ppshiawase

Author:ppshiawase
岩手県宮古市 しあわせ牧場  自然放牧農場の日々

最新記事
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。